兵庫県佐用町:有限会社「環力」電気保安法人・建築物等点検 資格取得&起業支援


兵庫県佐用町の「環力」です。当社は電力の販売、電気保安・特殊建築物点検・エレベーター点検・消防設備点検業務のほか、衛生・健康業務を通じて、お客様の安全と安心、健康増進に寄与しています。

【所在地】
(本社)
〒:679-5523
■住 所:兵庫県佐用郡佐用町上月486-5
■電 話:0790-86-1007
■FAX:0790-86-1017


■電気の仕事の経験のある方へ

SG009_L.jpg電気主任技術者(電気管理技術者)の免状を取得し、自分のペースで、末永く働く道を確保しませんか。


電気主任技術者免状取得&電気管理技術者認定


電気主任技術者(電験)免状取得

・一生使える「電気の資格」電気主任技術者(電験)の免状(資格)取得をお手伝いします。
 試験が苦手でも、勉強する時間が無くても、一定の学歴と実務経験があれば取得できます。

170名以上の方の取得実績を持つ専門家がお手伝いします。
(電験1種、電験2種、電験3種、管理技術者、各資格取得実績)

 実務経歴(実務認定)による電験免状(資格)取得については

 こちらにお問い合せ下さい。(必ず、実名・実住所でお願いします。)

「電気主任技術者(電験)免状の実務経歴による取得」はここをクリック



*独立して、仕事をするためには、まず、電験3種を取得することが先決です。

 これを実務経験で取得しようとすると

 1.認定(工業)高校 電気科 卒業

 2.500V以上の電気の仕事に携わっていた経験が3年以上

 3.その実務を経験した会社の印を取得できること。

 *会社が無くなると、会社印を受けられないので困難になります。
  つまり、ご自身の経験そのものが無かったことになってしまいますので、
  なるべく早く書類を作っておくことも大切です。



技術者のあなたの仕事の進め方
SG143_L.jpg

電気保安・建物点検の会社を起業する

元手が少ない、あなたでも大丈夫。しっかり、支援いたします。

起業に必要なノウハウ、事務処理、研修、試験器具の貸し出し等をいたします。



電気主任技術者協会を設立する

会社組織にせずに、技術者協会にする方も多くいます。

その場合でも起業に必要なノウハウ、事務処理、研修、試験器具の貸し出し等をいたします。

また、法的な権利関係をはっきりさせるための規定作成も、専門家がお手伝いいたします。



電気の仕事の経験が無い方へ

SV195_L.jpg電気の経験が無くても、経営者として、電気設備点検、建物設備点検、消防設備点検などを経営することは可能です。

経営者としてスタートする


経営者に経験は不要です。

・一定の年齢を迎えられたベテラン電気技術者の多くの方は、会社を経営しようとする意欲は少ない方が多いようです。
そこで、新しく市場を切り開こうとする、若いエネルギーを持った経営者を目指して、ベテラン技術者の方が、安全できちんと働きやすい会社経営を目指しませんか。

 ゼロから、新しいことにチャレンジする意欲のある方との、ビジネス連係を当社は希望します。

 強い意欲をお持ちの方なら、手持ち資金が無い場合でも、当社が起業の支援をいたします。
 こちらにお問い合せ下さい。(必ず、実名・実住所でお願いします。)

「技術者集団を率いる新しい経営者を目指す方」はここをクリック

概要図

nagare.jpg




電気主任技術者と電気管理技術者の違い

SV152_L.jpg

はじめに

「電気主任技術者」と「電気管理技術者」の違いについて、多くの問い合わせを頂きますので、取得後のメリットを中心にモデルケースでお知らせいたします。


モデルケース

Aさん
・県立工業高校(電気科)卒業、実務経歴は10年以上
・実務経験で電気主任技術者3種希望(電気管理技術者が何かよく分からない)
・退職後の仕事について考えている。



電気主任技術者

・ 認定校電気科卒業(単位取得済み)(電子科、電波科、電波通信科等の卒業では、実務経験が長く、知識が豊富でも、実務認定での免状取得は出来ません。)
・ 実務経験3年以上(実際の申請では5年以上記載するケースが多い。)
・ 実務経験が長くても、いきなり2種は申請できない。



第3種電気主任技術者で出来る範囲

・ 電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く。)の工事、維持及び運用の保安監督を行うことができる。



第3種電気主任技術者で出来ないこと(問題点)

・ 外部委託により個人で電気保安業務を請け負うことや、電気保安法人として非選任の電気主任技術者として電気本業務を営むことが出来ない。(稼ぎにくい)



電気管理技術者

・ 第3種電気主任技術者を持っていれば、実務経験により申請で認定を受けることができる。
・ 電気主任技術者とは別に、認定を受けることが必要。
 (電気主任技術者と同時申請が効果的)
・ 第3種電気主任技術者免状取得後5年
 (又は免状取得前の経験による場合は10年)の実務経験が必要



電気管理技術者の実態

・ 活躍する年代は50歳代~70歳代・ 保安業務を行える電気設備の数量は、点数制により33点が上限。
・ 電気保安法人の実態(例):各企業で違いはあります。
 電気管理者が33点分のお客さまを保守管理する場合、実労は月5~6日、給与20万円程度
(参考:売上高は50万円程度なので、手取りを増やすため技術者協会としてグループで仕事をしている方もいます。)



電気主任技術者(電験)免除取得

・一生使える「電気の資格」電気主任技術者(電験)の免状(資格)取得をお手伝いします。
 試験が苦手でも、勉強する時間が無くても、一定の学歴と実務経験があれば取得できます。



170名以上の取得実績を持つ専門家がお手伝いします。
(電験1種、電験2種、電験3種、管理技術者、各資格取得実績)

 実務経歴による電験免状(資格)取得については

 こちらにお問い合せ下さい。(必ず、実名・実住所でお願いします。)

「電気主任技術者(電験)免状の実務経歴による取得」はここをクリック




起業・転業のお手伝い

当社と顧問専門家がスムーズな起業・経営をお手伝いします。

▼下図をクリックして下さい。
nagare.jpg

当社では、サービスエリア拡大のため、フランチャイズによる新規起業者を応援しています。
長年培った経営ノウハウと具体的な当社業務をパックにしてご提供いたします。
営業支援・事務手続き支援の他、当社顧問の専門家が法的な面からサポートいたしますので、起業後すぐに成果を上げるスピード経営を目指す方にピッタリです。
お気軽にお問い合せ下さい。


資格取得のお申込は
下図をクリック!!
EV192_L.jpg

inserted by FC2 system